第二次調教期になると、性ホルモンの分泌により
男女それぞれの体のプロパティがあらわれてきます。

こういう性ホルモンのうち、メンズホルモンは
皮脂の分泌に関係があるといわれています。
また、性ホルモンの分泌や均衡は
男女によっても違いがあります。

閉経を機に、ママの場合は
ママホルモンの分泌が低下して
乾燥肌の女性が重なることが特徴です。

一方、メンズの場合は
ホルモン分泌が急変することは少ないため
階層を重ねても、脂性スキンのままのパーソンがいるのです。

顔つきのテカリに悩む人の時折
脂受けとり用紙でこまめに拭き取るパーソンもいますが
過剰な手入れは、ますます皮脂の分泌容量を足します。

それよりも、ホルモンの結末を知ったうえで
ストレスを溜めない生活を心掛けることが
好ましいといえます。

気晴らしといえば「飲酒」がありますね。
ただし、適度な飲酒はともかく
スピリッツキャパが増えると
慣習疾患はもちろん、さまざまな弊害がでて来る。

何より、実利的気晴らしを心掛け
心身の安定を保つことが
肌荒れの射光にも理想的です。