高校生の時に水泳部だったので夏休みは毎日のように水泳の躾でゼミナールのジムで泳いでいました。高校生のジムは出先にあって屋根などが何も欠けるジムでした。ですから夏は日焼けして全体真っ黒になっていました。今みたいにラッシュプロテクトとかも着ていなかったですし、当時はそんなに日焼けを気にしていませんでした。海もののゼミナールだったので相当な件数のUVを浴びていたのだと思うとちゃんと今となっては怖いですね。夏場が仕上げる頃には真っ黒に日焼けしてスイムスーツのところだけ白一色になっていました。お風呂に入るらスイムスーツを脱い出るのにスイムスーツを着てるといった感じになっていました。
今は日焼けに関しては、素肌がんなどの危険性もあるので誠に災い視されています。今の都内のサンシャインは、昔のビーチでのサンシャインよりも強いと言われています。学徒の時にUVをたっぷり浴びているので大人になってからはなるたけ浴びないように心がけて生活してある。夏場の暑い太陽には外から帰ったらすぐにメーキャップを落として洗顔するように心がけてある。その後お出かけすることが無い太陽だけ出来ることです。日に焼けて汗で人肌が汚れた状態でいるのは人肌にとっても衝撃があるそうです。すぐに洗顔してメーキャップ水などでほてった人肌を伊達ダウンさせて与えるようにしています。脇の黒ずみの原因とは?意外と知らない事実があった。